ストーブテントが火花で穴を焼きないようにどうしますか?

ストーブテントが火花で穴を焼きないようにどうしますか?

多くのストーブテントが好きな人は、キャンプには多くの問題を経験しなかったかもしれません。例えば、ストーブの管がテントの煙突の口を熱して壊したり、ストーブの管から飛んできた火花がテントの表面に小さな穴を焼いたりします。この記事では、ストーブテントが火花で穴を焼きないようにどうする方法を紹介します。

 1.より高い煙突管を使う

火花は空でとどまる時間が長いほど、温度が低くなり、最後に消えます。ですので、キャンプ者がより高い炉管を使うと、火花はより高いところから飞び出すことができ、さらに多くの火花はテントに触れる前にすでに空で消えています。ただし、高ければ高いほど、ストーブの管が揺れやすくなりますので、キャンプ者の安全のために、ストーブとストーブ管をより安定に固定してください。

2.スパークアレスターを使用する

スパークアレスターを使うことが勧めています。この部品は、火花が生まれた時にスパークアレスターの天井板にぶつかって、一部の火星が直接消えます。また、一部の火星はぶつかって分裂した後に炉管を飛び出すが、小さな火花は空中でより速く消えて、テントの生地がストーブの管から飛んできた火花で焼かれないようにするのもいいです。
スパークアレスター

3.風向きによってテントから火花を飛ばす

テントを構築時に風向きを観察して、火星が管から飛び出す時にテントから遠く離れた方向に飛び出すことができるように確保すれば、テントをもっと長く使うことができます。テントを張る時は必ず平地に建てて、ストーブも安定して、これで安全なキャンプができます。

4.薪を添加するときぶつからないように

ご存知のように、薪を添加する時、薪と薪の間の衝突は大量に飛び回る火花を生むことができて、多い火花は熱いテントの災難です。調査によると、ほとんどのストーブテントの小さな穴はストーブを頻繁に使う時にできたものです。

これらの細部は、ストーブテントが火花で焼かれたことがよくある原因です。炉管の上部から飛び出した火花以外には、ストーブの扉を开ける時にはテントの中に火花が飛び込む恐れがあるので、キャンプ用品を破壊しないように注意します。ですから、テントやストーブを使う時は、この文章があなたたちの役に立ちますように。


コメントを残す

タグ