POMOLY パップテント (煙突 穴)1-2人用

  • セール
  • 通常価格 ¥30,300
配送料は購入手続き時に計算されます。


本商品の予定時刻を5〜45日に調整いたしました。

 

送料は無料です。

 

パップテントの特徴

  • 【2つの向かいの避難所扉】扉を支えると日差しと雨の避難所になります。 ドアを閉めると、テントの壁と呼ばれます。 さらに、ドアを開いて巻き上げ、空気の循環を増やすこともできます。
  • 【取り外し可能なメッシュインナーテント】2つの反対側の入り口、2つのフラップ付きジッパー入り口。テント内側のメッシュは、蚊や昆虫のトラブルを回避するのに役立ちます。
  • 【煙突穴の設計】我社はこのテントのために耐火性が高い煙突穴を増やしました。キャンプ者はこのテントの中で薪ストーブを使って調理や暖房をすることができます。
  • 【300D 断熱シートを施したオックスフォード生地】防水性、耐摩耗性、耐引裂性の優れた生地を使用しています。テントを暖かく守ります。
  • 【テントスカート】岩や土を置くとテントが安定します。 スノースカートのデザインは、通常のテントテントよりもはるかに安定しています。

POMOLY 煙突穴付きパップテント

このパップテントは、10以上の形状に展開可能です、さまざまな気象条件、シーズンに対応可能です。
パップテントは、両側に内側外側どちらからも入れるスペースがあるので、1〜2人がゆったり使用できます・

スノースカートが標準配置され、風や雪がテントに入るのを防ぎます。
防水効率を上げるためにテントの構造全体の縫い目には防水シーム処理を施しています。

パップテントは、POMOLYチタンテントストーブ(別売り)にアクセスできるようにすることです。冬の間暖かく過ごせるように設計されており、取り外し可能なインナーバグネットテントを備え、暖かい季節にはオープンでも使用可能です。

 

パップテント仕様

 

shelter size

 

 

製品仕様
収納 人数 2名
煙突穴 ストーブ防火煙突穴カバー標準配置
スノースカート 6辺にスカート配置
出入り口 前面出入り口と2つのサイドドア
テント素材 シルバーコーティングされた
300Dオックスフォード
防水処理 耐水圧3500mm+防水シーム
床の形状 六角形
高さ 130 cm
重量 5.6 kg
インナー付き重量 6.3 kg
縫い目 防水シーム処理
収納 サイズ 63×63×15cm
Green, Coffee, White, Khaki (カスタム色)
使用シーズン 4シーズン


 

パップテント詳細

 

Hot shelter with inner tent

 

反対側からの見え方

インナーも含めどちら側のドアもオープンすことが出来ます。Opposite doors design of the shelter

 

インナーの寸法: 50 X 200 cm

最大約2mの幅なので大人二人でもゆったり過ごせます。

the size of Inner bug net area

 

強化された接合ポイント

グロメットやループは耐久性を確保するために厚い生地が使用されています。

 

紫外線に強いシルバーコーティング

厚い日差しも遮断するシルバーコーティング生地。ドアを解放して涼しく過ごせます。

 

インナーの防水処理部は高くなっています。

防水処理されたインナーは水の侵入を防ぎます。

 

 

ストーブ防火煙突穴カバー(煙突穴)の正しい使い方

1煙突穴カバーを巻き上げて固定します。テント生地を高温になった煙突に触れないようにしてください。 300Dオックスフォード生地などの通常のテント生地は、このような高いパイプ温度に耐えることができません。したがって、煙突穴カバーを巻き上げて、テント生地を高温になる煙突に接触しないようにできるだけ離して設置してください。

2.煙突が煙突穴の中央にあることを確認します。ストーブの位置を移動して、煙突穴の中央に煙突を配置してください。煙突がテント生地に触れないようにしてください。

3.木の枝を使ってパイプとテント布を分離します。
ストーブのチューブがテントに触れないようにするのは難しいというお客様がいるかもしれません。 この場合、木の枝をバリアとして利用して、パイプとテント布を分離できます。

4.テントきちんと固定されていることを確認してください。テントが揺れる場合は、高温の煙突がテントの生地に触れている可能性があります。.テント生地を長持ちさせるには、できるだけ煙突に触れさせない必要があります。

【※重要】.煙突穴カバーは耐火性生地で作られていますが、ステッチされた糸に耐火機能はありません。テント生地を煙突に近づけすぎると、ステッチの糸が焼けて破損するおそれがあります。
※テント内での火気使用につきましては、自己責任となります。使用する際は換気を十分行い、一酸化炭素報知器を必ず使用します。


保養方法


POMOLYテントのテントは定期的に保養することで、長くお使いいただけます。

1.汚れの除去
スノースカート、フロアマット、インナーテントなど、テントの表面を掃除するには柔らかいブラシを使用してください。
2.洗剤
中性洗剤を使用してテントを掃除してください。 
3.ジッパー
ジッパー部分の洗浄には石鹸水を使用してください。
4.テントは洗濯機で洗うことができません。
テントのコーティングとシームが損傷しますので絶対におやめ下さい。 
5.ブラシなどの硬いものを使用してテントをこすらないでください。
テントの外側の防水コーティングが損傷し、テントの防水性能が損なわれます。 
6.テントの定期的チェックします
縫製に破損や穴が開いた場合は、早めにテントシームシーラーを使用してシーリングしてください。 
7.テントを洗浄し完全に乾かした状態で折りたたみし保管します。
テントを梱包する前に完全に清潔で乾燥していることを確認してください。保管中にカビが発生すると修復が難しくなりますので必ずご確認ください。